株式会社小松原加熱・乾燥装置洗浄・抽出装置冷却装置ロール・ドラム制作大物製缶・溶接もおまかせください!

ゴム連続加硫装置ベルーフ製品写真

製品説明

ゴム連続加硫装置ベルーフは、高風速で高温の熱風をゴムに均一に当て加硫する機械です。

特長

  • ラインスピードの高速化が図られ、大幅な生産効率のアップが期待できます。
  • 押出機の直後に、高温ですばやくワークの表面を加硫して、スキン層を形成させるため、外径寸法精度が安定します。
  • その後、マイクロウエーブで内部加硫を行っても、スキン層のために、表面ムラ、外径寸法誤差が発生しません。従って、不良率が減少します。
  • 炉内の温度分布が均一
  • ジェットノズルで上下から高速の風をワークに吹き付け加硫を促進します。

用途

  • スポンジゴム加硫に最適、マイクロウエーブ加硫機との併用により、さらに威力を発揮します。 外径寸法精度が安定します。
  • ソリッドゴム加硫においても、ホース、チューブなど寸法精度の要求されるものに最適です。
  • 既設ラインで、スポンジゴム、ソリッドゴムを問わずに、生産効力のアップを計画される場合、既設ラインの中に、このHTCタイプを組み込むことにより、目的が達成できます。

仕様

熱風吹出し型式熱風をパスライン上下より吹出し、サイドから回収する。熱風吹出し方法と回収方式については、長年の経験より、ワークにいかに均一に効率よく伝達できるかを考慮した構造にしています。
風速10m/sec程度(ノズル吹き出し口)
加硫室温度MAX.300℃
熱源ガス直下、電気ヒーター、灯油直下
搬送方法ローラー搬送, ベルト搬送、インサートメタル用形状ローラー
加熱炉の長さ標準:6m、これ以外の特殊仕様についても、対応します。

機械構造または外観図

ゴム連続加硫装置ベルーフ機械構造