トップページ >製品情報 >染色、染色仕上げ> エメリー起毛機 “ソフト・ヌーボー”

エメリー起毛機 “ソフト・ヌーボー”

織物に付加価値をつける仕上加工は、今後以前に増して重要視されるのは間違いのない事だと考えられます。 特に消費者のニーズは最近益々多様化して来て居り、織物にソフト感を与える事やピーチスキン調、 スウェード調、あるいはその他特殊な仕上加工をする事により、消費者の満足感が得られるという結果になっています。
小松原の“ソフト・ヌーボー”はこの様な状況のもとで、織物の風合仕上加工機として、また表面仕上加工機として開発されたものです。
布入口側 
全景
布出口側
全景

 

用途
 1) あらゆる種類の織物に使用できます。
綿織物、毛織物、麻織物、合繊織物、合繊/ 綿混紡織物、合繊/麻混紡織物等。
 2) 多様な仕上加工が可能です。
ソフト加工、エメリー起毛加工、ピーチスキ ン加工、スウェーディンク加工、サンディング加工、バッフィング加工等。


特長
 1) 織物のもっている各種の“クセ”(例えば折り皺、小皺、中垂、片垂等)を完全に除去した後エメリーロールで加工するので均一な仕上面になります。 従来のこれらの機種はエメリーロール部の精度を上げる事のみに注力していて、この加工部に各種の“クセ”を除去した織物を通す発想に欠けていました。
 2) 仕上加工機として多彩な使用方法があります。
●布巾を安定させる巾出機としても使用できます。
●フェルトカレンダー単独としても使用できます。
 3) エメリーロールでの加工時に発生する研磨屑等の集塵も完全です。
 4) 制御盤により簡単に操作できます。


加湿部(スチームボックス)
蒸気により織物に湿度を与えます。
織物の折り皺、小皺、中垂、片垂等、織物の持っている“クセ”を除去され易い状態にします。
 
テンター部
加湿部で各種の“クセ”が除去され易くなった織物をテンターで緯糸方向に張る事により、各種の“クセ”を完全に矯正します。


乾燥部(フェルトカレンダー)
各種の“クセ”が完全に除去された状態になりますが、放置すると前の状態に戻ります。 完全に除去された状態を保つため、フェルトカレンダーでセットします。 この状態でも織物は風合の良いソフトな仕上りになります。
(フェルトカレンダーの代りに蒸気シリンダーでセットする方法もあります。)
 
エメリーロール部
“クセ”の無い織物になった状態でエメリーロー ル加工を行います。 この状態で行う事により均一な仕上りとなります。


1) 布入口装置
2) 加湿部
3) テンター部
4-A) 乾燥部(フェルトカレンダー)
4-B) 乾燥部(蒸気シリンダー)
5) エメリーロール部
6) 布出口装置



機種・仕様などは予告なく改良・変更する場合があります。
詳しくは「弊社営業部」にお問い合わせください。

製品情報

洗浄装置

FV洗浄装置

リラクサーFV-RU

FV洗浄装置(コンベアベルト洗浄)

金属メッシュベルト自動振動洗浄装置

熱、乾燥装置

曲がり管加硫装置

ゴム連続加硫装置

ゴム連続加硫装置
(高燃焼タイプ)

ゴム連続加硫装置
(上開きタイプ)

ゴム・バッチ型加硫装置

マイクロ波加熱装置

繊維、不織布向け乾燥装置

冷却装置

パッチオフマシン

染色、染色仕上げ

インディゴロープ染色機

防縮機

樹脂ロールカレンダー

エメリー起毛機

ガス毛焼機

部品

乾燥及び冷却シリンダー・ドラム

ガイドロール

ステンレス部品

ステンレス加工.comサイトへ

ニップ・ロールプレス装置.comサイトへ

ロール・ドラム・シリンダー製作.com

事例紹介

ゴム加硫

洗浄

繊維設備機械

その他

テスト機について

会社案内

会社概要

アクセスマップ

ISO品質・環境方針

Q&A

お問い合わせ

採用情報

先輩からのメッセージ

リンク

サイトマップ