トップページ > 製品情報 >熱、乾燥 >ゴム加硫 >ゴム連続加硫装置“ベルーフ高燃焼タイプ”

ゴム連続加硫装置“ベルーフ高燃焼タイプ”

概要
環境にやさしい加硫をすることのコンパク化を目的として、独自の熱風循環方式を採用し、国内初の高温対応さらに排ガス処理装置を兼ね備 えた加硫装置を開発しました。炉内温度 Max約400℃、燃焼室温度 Max約600℃までの温度範囲を実現します。



特長
  • 当社独自のジェットノズルを採用しワークに均一に熱風を吹き付ける事によりラインスピードの高速化が図られ、大幅な生産効率のアップが期待できます。
    当社独自の熱風循環方式を採用する事により従来機(電熱式と比較)に比べ約1/3〜1/5にランニングコストを抑える事ができます。
    燃焼室温度を高温にする事により今まで完全に処理できなかった加硫時の発生ガスを処理することができ、今まで以上に排ガスを焼却させ、完全無色無臭にします。環境にも優しい装置です。
  •  

使用用途 使用用途

  • スポンジゴム加硫に最適、マイクロウエーブ加硫機などとの併用により、さらに威力を発揮します。外径寸法精度が安定します。
    ソリッドゴム加硫においても、ホース、チューブなど寸法精度の要求されるものには最適です。
    既設ラインで、ゴム種類を問わずに、生産効力のアップを計画される場合、既設ラインの中に、このHTCタイプを組み込むことにより、目的が達成されます。
  •  

主な仕様
  • 熱風吹出し型式
    熱風をパスライン上下より吹出し、サイドから回収します。熱風吹出し方法と回収方式は、ワークに均一に効率よく伝達できるかを考慮した構造にしています。
    加硫室温度
    MAX.400℃
    熱 源
    ガス直下燃焼型または灯油直下燃焼型
    搬送方法
    ローラー搬送, ベルト搬送、インサートメタル用形状ローラー
    断熱性・保温性
    炉内は高温になるため、保温板に特殊空気層を設けるなどの構造にする事により、外表面温度は50℃以下になるようにしています。
    加熱有効長
    標準:7.5m、これ以外の特殊仕様についても、対応します。
    搬送速度
    標準:1.0〜30m/min
  •  
  •  
“ベルーフ”HTC型高燃焼加硫装置外形


デモ機

  • デモ機を当社工場内に設置しておりますので、テスト等にご利用いただけます。
  • “加硫のあらゆるニーズに応える体勢に”と社員一同努力しておりますので、加硫装置に関することは、当社へご相談下さい。
機種・仕様などは予告なく改良・変更する場合があります。
詳しくは「弊社営業部」にお問い合わせください。

製品情報

洗浄装置

FV洗浄装置

リラクサーFV-RU

FV洗浄装置(コンベアベルト洗浄)

金属メッシュベルト自動振動洗浄装置

熱、乾燥装置

曲がり管加硫装置

ゴム連続加硫装置

ゴム連続加硫装置
(高燃焼タイプ)

ゴム連続加硫装置
(上開きタイプ)

ゴム・バッチ型加硫装置

マイクロ波加熱装置

繊維、不織布向け乾燥装置

冷却装置

パッチオフマシン

染色、染色仕上げ

インディゴロープ染色機

防縮機

樹脂ロールカレンダー

エメリー起毛機

ガス毛焼機

部品

乾燥及び冷却シリンダー・ドラム

ガイドロール

ステンレス部品

ステンレス加工.comサイトへ

ニップ・ロールプレス装置.comサイトへ

ロール・ドラム・シリンダー製作.com

事例紹介

ゴム加硫

洗浄

繊維設備機械

その他

テスト機について

会社案内

会社概要

アクセスマップ

ISO品質・環境方針

Q&A

お問い合わせ

採用情報

先輩からのメッセージ

リンク

サイトマップ